ダフニー・ レインソン
パートナー
オタワ

法廷弁護士兼事務弁護士、特許・商標弁理士

 

連絡先
電話: 613.232.2486
ファックス: 613.232.8440

弁護士資格取得
2001年オンタリオ州

経歴
  • 1994年Queen’s University B.Sc. Hons. (化学)
  • 1996年Queen’s University M.Sc. (化学); 修士論文 A computational study of lithium cation and sodium cation interaction with sulfuryl and phosphoryl species
  • 1999年University of Windsor LL.B.
  • 2001年 商標弁理士登録
  • 2002年 特許弁理士登録
  • 登録米国弁理士
取扱い案件

特許
化学
製薬
生命科学
知財経営・戦略相談
医薬品規制とコンプライアンス

クリーンテクノロジー



言語

英語


 
プロフィール

専門は化学、製薬、バイオテクノロジー関連発明の特許権保護。弁護士、特許・商標弁理士、理学修士(化学)の資格を有し、クライエントの特許権保護をサポートすること十余年。

新薬、生物製剤、医療機器、消費者製品、農化学製品、特殊化学製品、工業化学プロセス、石油、ガス、石油化学製品分野の発明を保護し、クライエントの知的財産権を擁護する。

特許出願中の戦略的なアドバイス、製薬や生物製薬特許成立後の手続きなど、カナダの医薬品規制法に関する助言も行う。世界のトップイノベーターからの信頼を受け、データ保護、Patented Medicines (Notice of Compliance) Regulations (特許医薬(認可)規則)やPatented Medicine Prices Review Board(特許医薬価格監視機関)に関する製薬会社やバイオ医薬品会社からの相談が絶えない。

米国知的財産法協会(AIPLA)のメンバーとしても積極的に活動。同協会IP Practice in Japan Committee前委員長、Mentoring Committee元委員長、Women in Intellectual Property Law Committee元委員長。

当事務所のクライエント、特に米国、日本、ドイツなどの主要経済諸国のクライエントとの関係維持に重要な役割を担う。

ランキング・評価

  • The Best Lawyers in Canadaの2014年バイオテクノロジー法部門、2015年知的財産法部門で業績を認められる
  • Managing Intellectual Property’s 2014 IP Stars Handbook: Patentsの創刊号で、「IPスター」として業績を認められる
  • カナダ人で唯一、2013年Euromoney LMG Americas Women in Business Law Awards のRising Star(期待の星)にノミネート。
  • The Canadian Legal Lexpert® Directoryの知的財産、バイオテクノロジー両部門で2013年以来毎年業績を認められる
  • Lexpert 誌の2012年カナダズライジングスター・リーディングローヤーズアンダー40の一人に選出
  • Women's Business Network of Ottawa プロフェッショナル部門で、2011年度 Ottawa Businesswoman of the Year 受賞
 

主な活動

所属

  • Intellectual Property Institute of Canada (カナダ知的財産協会)フェロー
  • American Intellectual Property Law Association(米国知的財産法協会)会員; 同協会Japan Practice Committee 現共同委員長、the Mentoring Committee 元委員長、the Women in Intellectual Property Law Committee元委員長
  • Chemical Institute of Canada, Canadian Society for Chemistry 会員
  • The Women's Business Network of Ottawa会員
  • Canadian Bar Association(カナダ弁護士会)会員、the Patent
    Committee 会員

講演

  • “Biosimilars are Off and Running: A Litigation and Regulatory Update”(司会)2015年米国知的財産法協会会議
  • "Subsequent Entry Biologics (SEBs) – Canada," 米国知的財産法協会(AIPLA)冬季会議 ネバダ州ラスベガス 2012年1月; 米国知的財産法協会 ウェビナー、2012年3月
  • "Making contributions visible," 第3回 Annual Women in Law 会議、 カルガリー、 2009年10月
  • "Partnerships: Policy and Research at the Crossroads: University-Industry Research Collaborations," 第58回 Canadian Chemical Engineering Conference、 オンタリオ州オタワ、 2008年10月
  • "Patenting Therapeutic/Diagnostic Delivery Devices—Maximizing Marketing Potential," BioNorth Conference on Driving Global Innovation and Commercialization Through Partnerships、オンタリオ州オタワ、2007年11月
 

メディア

論文

  • "Major changes to Canadian IP law" (Christian Bolduc共著), Intellectual Property Magazine, 2014年6月
  • "Enhancing IP rights in Canada" (Nancy P. Pei共著), Intellectual Property Magazine, 2013年12月
  • "Evolution of a Rare Medicines Policy in Canada" (Nancy P. Pei共著), insights Magazine, 2013年秋号, pp. 16-19
  • "A Bird's Eye View Of The Canadian Patent Landscape." (Sheldon Hamilton共著), Corporate Counsel IP Canada Report, 2013年8月
  • "Maximising potential – exploiting patent protection for biologics," Intellectual Property Magazine, 2013年7・8月
  • "Patentable subject matter" (共著: Steven B. Garland、 Kevin K. Graham), Canadian Patent Law Benchbook 2012年
  • "Evergreen IP," Intellectual Property Magazine, 2012年11月
  • "More effective protection for pharmaceuticals" (Steven B. Garland共著), Intellectual Property Magazine, 2012年7/8月
  • “Double Trouble: Canadian Courts Continue to Clarify the Law on Double Patenting,” Intellectual Property Magazine, 2010年5月
  • “Canada Paves the Way for Subsequent Entry Biologics (SEBs),” (David E. Schwartz共著), Pharmaceutical Law Insight, 2009年5月
  • “A New Line in the Sand: Supreme Court of Canada considers ‘Obvious to Try’ and clarifies novelty and selection inventions,” (Steven B. Garland共著), Patent World, 2009年4月
  • “What Brands Need to Know: Top 10 Tips for Successfully Protecting Exclusivity in the New Regulatory Framework,” (Gunars A. Gaikis and L. Catherine Eckenswiller共著), the Canadian Institute セミナーでの発表論文 “Pharmaceutical & Biotech Regulatory Compliance,” 2007年3月
  • “Biotechnology: Recent Developments of Importance,” (David E. Schwartz共著) The 2007 LEXPERT/ALM Guide to the Leading 500 Lawyers in Canada, 2007年1月, pp. 164-167
  • “Patenting life forms” (Elizabeth A. Hayes共著), Canadian Chemical News/L’Actualité chimique canadienne, 2006年10月, Vol. 58, No. 9, pp. 18-19
  • “Unique IP Issues in Canada’s Pharmaceutical and Biotechnology Industry” (Gunars A. Gaikis and David E. Schwartz共著), The 2006 LEXPERT Guide to the Top 100 Industry Specialists in Canada, 2006年10月, pp. 125-129
  • “Chemical and Biomedical Patenting in Canada: From Procurement to Enforcement,” the Royal Chemical Society シンポジウムにてJohn Morrisseyが発表。“Creating Business Through World Patent Enforcement,” 2006年3月
  • “New Drug Discovery - Beyond the Bench-Top,” Canadian Chemical News, 2006年4月
  • “Biopharma Innovators Stand to Benefit from Proposed Data Protection Regulations”(May M. Lee and Joy D. Morrow共著), Bio-Science Law Review, Vol. 7, Issue 2, [2004/2005] 2 BLSR 97
  • “Innovation to Commercialization - The Role Patents Play,” Canadian Chemical News, 2005年6月
  •  “'Net Benefits? - Internet Pharmacies in Canada,” Canadian Chemical News, 2005年5月
  • “Balancing Act,” Canadian Chemical News, 2004年10月
  • “Regulating Beauty,” Canadian Chemical News, 2004年7-8月
  • “The Patented Medicines (Notice of Compliance) Regulations,” (Peter R. Wilcox共著) 16 Canadian Intellectual Property Reports 429, 2000年