プロフィール

テュイ・ ウィン
パートナー
オタワ

特許弁理士

 

連絡先
電話: 613.232.2486
ファックス: 613.232.8440
ダウンロード プイカード

経歴
  • 1988年University of Toronto B.Sc. Hons. (生化学)
  • 1994年University of Toronto Ph.D. (生化学); 博士論文 The role of chaperones in intracellular protein trafficking
  • 2000年 特許弁理士登録
  • 登録米国弁理士
 

バイオテクノロジーおよび製薬関連特許のドラフティングや中間処理を中心として、1999年より実務に携わる。特許性、特許権侵害、および有効性に関するアドバイス、特許ポートフォリオの作成・管理、抵触性調査、デュー・デリジェンス調査、特許戦略、特許一般に関する相談など、カナダにおける特許権の取得と調達を全面的に取扱う。

小規模のバイオテクノロジー新興企業から大学、さらに生化学、バイオ製薬、バイオ農業分野の大企業まで、多様なクライエントとの協働経験をもつ。博士号を所有し、炭水化物生化学、細胞組織化学、免疫化学、細胞生物学(特に細胞内移動やシャペロン活性)、免疫遺伝学、分子生物学、農業バイオテクノロジー、幹細胞テクノロジー、オーダーメイド医療などの生化学分野を専門とする。

実務にあたっては、クライエントの事業目標を念頭に、クライエントのグローバル戦略にしたがって、その目標を達成することに努める。バイオ薬品がカナダで上市される際に適応する特許関連規制要件に精通しており、クライエントとの協働で、発明の保護だけでなく、業界における地位の確保にも取組む。

現職に至る前は、カナダでバイオテクノロジーのスピンオフ会社設立に直接携わった。この際に培った幅広い経験を活かし、自らが担当するクライエントの目指す事業開発目的を達成するためには、いかにして法律と科学を連携させるべきかを深く理解する。当事務所のプロフェッショナル養成・研修のため、所内で特許関連法などについての講義を行ったり、オタワ大学で客員講師も務める。

取扱い案件
特許
生命科学

製薬
知財経営・戦略相談
クリーンテクノロジー
 
言語
英語
ベトナム語
 

所属

  • Intellectual Property Institute of Canada (カナダ知的財産協会)フェロー
  • BioteCanadaのLegal Affairs Advisory Board メンバー。


講演

  • 2012年6月、米ボストンBIO国際会議で、“Cross-Border IP Challenges in Strategic Research Collaborations” についてのパネルプレゼンテーション。